英語は自分の能力が数値化されやすい科目

学生時代は、塾に行っている子は塾内で行われる模試を受けたり、学校の模試を受けたり、そしてそこに書いた志望校の合格ラインを自分が超えているかどうかを知ったり、色々なものがデータ化され、点数ではじき出されていたためわかりやすかったです。しかし、学校の外では国語や数学などはレベルが上がっていっても点数化されないことが多いなと思いました。その点、英語では点数化がされる試験が多く、英検TOEICTOEFLIELTSなどがあります。そう思うと、義務教育を終えてから英語をやろうと思った時に、一目で自分の今のレベルがわかる数値化された英語というのはモチベーションに繋がるなと思いました。国語は漢字検定がありますが、評論や物語の読解力をはかる試験はメジャーではありませんし、数学検定も持っていたところであまり就活に役に立たないだとか、そもそもマイナーであることから持っている人も少ないです。理科や社会になるともう研究者の域になってきて、大学で何を研究し、論文に書くかというところになってきます。

つまり、点数は出ないわけです。それが楽しいのであれば天国ですが、自分の今のレベルをはっきりと知りたいという人には英語という科目ほど向いているものはないと思います。なかなかスピーキングやライティングに点数をつけるのは難しいと思いますが、そのあたりはきちんと整備されたようですね。留学者が留学できるかどうかをはかるためにもある数値化なのかなという気はします。