日本人が英語を話せない最も大きな理由

日本人は英語を勉強しても話せないとよく言います。高校までだけでも、少なくても6年間は英語を勉強している私たちですが、なぜ6年間も勉強しているのに話せないのでしょうか?これには、幾つか理由があります。よく言われるのは、英語の授業が文法偏重だからや日本語と英語はまったく違う言語なので発音などが日本人にとっては難しいからなどです。

私はこれらの理由も一理あると思います。言語的に似ていない外国語を勉強してマスターするのは、方言くらい似ている外国語をマスターするのとは難易度が違います。例えば、イタリア人がスペイン語を勉強するのは言語的に似ているのでさほど難しくなく時間もかからないでしょう。

日本人が英語を何年間も勉強しても話せない理由は必要性です。

私たち日本では、たとえ英語が話せなくても弁護士や医者、そして社長にもなれます。すなわち英語は日本人にとっては生きるために必要なものではないということです。一方で、ヨーロッパの小さな国(オランダや北欧)では、国自体が小さく言語もマイナーです。彼らにとって英語はいい仕事に就くため、生きるためにどうしても必要なので身につくスピードが違うというわけです。日本人にとって英語はあくまでも趣味ようなものですが、ヨーロッパ人にとって英語は生きるために必要なものという感覚です。

この必要性がなければ人間は物事を早くマスターできません。逆に生きるために必要性があれば、習得まで時間はさほどかからないでしょう。