英語の翻訳の勉強を通じて、知っている単語の数を増やしていく

私は最近、英語の翻訳の勉強をするようになりました。翻訳をするには、単語やイディオムなどの意味を理解しないといけません。そこで、意味を理解するには辞書を引かないといけません。最近、携帯電話に辞書機能がついているので、それで単語を調べることがおおくなりました。電子辞書は持っていませんが、携帯電話の機能がかなり役立っています。出先でも今すぐに英語の意味が知りたい時などに、携帯電話を使うととても便利です。携帯電話は多機能になってきて、それ1台があればかなりの用事を済ませることができます。私はいまだにガラケーを使用していますが、ネットで調べる時はパソコンがあるので、それで十分に役立っています。スマホは今後、さらに多機能になり便利になっていくと思います。英語の世界もさらに幅広い利用法ができるようになるでしょう。ツールは便利になっても、自分自身が英語を使いこなせなくては、仕事やプライベートで支障が出てしまいます。やはり英語の勉強は何歳になっても必要だと感じています。

今後はさらに今までよりも、あらゆるシーンで英語が必要になってくると思います。そのためにも毎日少しずつでも英語の勉強をやっていきたいと思います。英語の翻訳の勉強を追加したことで、知っている単語の数を増やしていきたいです。アルファベットの文字だけだと、なかなかイメージが付きにくく覚えにくいのも事実です。イメージしやすい単語の覚え方を見つければ、今よりはサクサクと単語を覚えられるようになるかもしれません。