苦手な英語を克服した英会話について説明します

私は中学生の時から英語がとても苦手でした。ですからどうにかして英語を克服できないものかと考えていました。英語は勉強しなければならない項目がとにかく多くてそれを見ているだけで頭が痛くなってしまいます。

ですからどうにかして楽しく英語を学べないかと思ったのです。実際に良い方法はありました。それは英会話です。大学生の時の英語の先生が教えてくれたのが役立ちました。机に向かって勉強するのではなく自分で喋ってみるのです。何か発表したいことを用意してきて英語で喋ってみるというトレーニングはかなり効果がありました。段々と英語が分かって来たのです。英語は難しくて理解できないという固定観念が壊れる瞬間でした。ですから英語はまずは喋ることからスタートをするのです。

硬い頭では何も成し遂げることは出来ません。英会話は最高の勉強法です。リスニングも同じくらい重要だと思いました。受験英語はあまり好きにはなれませんでした。その理由が最近分かってきました。それは試験は人を減らすために行うことだからです。大学は定員が決まっているので、それを減らさなければなりません。そこで大切なことは無理をしないことですね。試験用に作られた少し意地悪な難しい問題を行うのではなく、自然な勉強法をすることです。英会話とリスニングが英語の正しい勉強法だと思います。私の考えは今後変わる事はありません。そしてそれは今でも私の英語に対する興味を保ち続ける理由になっています。

参考情報:英会話を効率よく学ぶならオンライン英会話!オンライン英会話比較情報