英語学習における英文解釈の重要性

英語学習における英文解釈の重要性

日本でも英語の勉強をしている方が増えています。英語圏の人とコミュニケーションを取りたい、TOEICで高得点を取りたい、海外旅行を満喫したいなど目的は人それぞれかと思いますが、英語ができれば世界が広がるということは言うまでもないでしょう。

しかし、母国語ではない言語を学ぶことは簡単ではありません。学ぶことが非常に多いため、できるだけ近道をして早く英語を習得したいと考えている方も多いのではないでしょうか。そのように考えるのは自然なことですが、近道のように思える勉強法が実際には遠回りになっているということがあります。

実用的な英語学習においては「英語を英語として理解する」ことが重要だということは良く言われており、実際にこれを目標として学習している方も多いと思います。しかし、これまで実用的な英語学習をしていなかった日本人にとっていきなり「英語を英語として理解する」のは難しいのが現実であり、まず「英語を日本語に訳して理解する」ことが必要です。

「英語を日本語に訳す」という勉強法は、一般に「英文解釈」と呼ばれるもので、実用英語とはかけ離れた古典的な勉強法であると批判されることがありますが、安易にこのように考えてしまうことは大変危険です。日本人が英語を体系的に理解するにはまず「単語」と「文法」の学習が必要不可欠です。このような基礎知識を運用することが求められるのが「読解」や「英作文」です。

まさに学校英語の勉強法であり、それゆえに実用英語とは離れていると指摘されることが多いですが、この勉強プロセスは英語が母国語でない人にとって非常に効率が良いのです。実用的な英語を学ぼうとしている人も、「単語」と「文法」の学習をある程度終えたら、「英文を日本語に訳してみる」という勉強法をすることをオススメします。

たくさんの英文を和訳していくうちに、「日本語に訳すまでもなく意味が分かる」と思うことがあるはずです。この感覚は、基本的な「単語」「文法」を理解し、十分な和訳の演習経験を積まなければ味わうことができません。したがって、この感覚は自身の英語力がステップアップしたという証拠になります。最初は「英語を日本語に訳す」という考えを強く意識していても、和訳に慣れてくれば自然と「英語を英語として理解する」という考えに近づいてきます。「英語を日本語に訳す」という勉強法は遠回りのように見えて、実は本当の英語力を付けるための大切な基礎となるのです。