新年度に向けて英会話の習得を誓う

新年度に向けて英会話の習得を誓う

新年度が近づくこのごろ、毎年のように思うのが「外国語の勉強をしよう」です。それ以外のときも勉強はしていますが、ゆるくてさぼりがちなのであらためてきちんと勉強しないとと思うのがこの時期なのです。

外国語というのはまず英語です。英会話ができるようになりたいと思っているので、2020年の五輪のときは私が住んでいるところにも外国の人がくると思うので、その人達に道をきかれたらすぐに教えられるように・・くらいにはなりたいなと思っています。道を教えるというのは中学レベルの英語でじゅうぶんだと思うので、中学レベルの英語を英会話として使えるようになることが目標です。

この”中学レベルの英語”というのが決して低いレベルではなく、私にとっては読むだけならなんとかなるけどしゃべったり書いたりするのは決してやさしくないレベルです。聞きとるのはもちろん難しいです。英語が聞きとれない理由は普段から聞き慣れてないことと、英語を話す人の幅が広いからです。

世界のいろんなところの人達が使う言葉なので、いろんなところのなまりが混じった英語です。日本語を話す人を見ても、その話し方はひとつではありません。日本語よりもすっと多くの人が話す英語ならさらに大変です。英会話をするということは、そういういろんな人達と話すことになります。そう考えると自分で勉強することに意味があるのかと、やる気がなくなってしまいますが、だからって何も勉強しないでいたらもっと英会話から遠ざかります。