英単語を1つでも多く覚えることができる考え方

英単語を1つでも多く覚えることができる考え方

私たちの生活にとって英単語の存在は、かなり身近な存在といえます。よくよく考えてみれば日常生活の中に英単語はとても多くあふれていますから、それらに対して少しでも意識を向けていけば自然とそれが頭の中に入っていきます。

つまり、改めて「英単語を覚えよう」とかしこまらなくても、ある程度日常的な英単語だったら覚えることができるということです。たとえば、今私の部屋にあるとある小物には「club」という英単語が書かれています。それはみんなが集まって構成されているという意味のクラブで、それを私はよく目にしています。

ですから、たった4文字の簡単なつづりではありますがそれを覚えることに苦労はないですし、覚えようと特別に意識していなくてもいつの間にか頭の中に入っていました。こうして日本語以外の英単語もすなり日常生活にとけこんでいるわけですから、そんなに深く頭を悩ませなくても英単語を覚えることはできます。

そうして日常生活の中にある英単語を覚えておけば、それがきっと役立ちます。それだけでは実質的な英語力の強化にはならないのかもしれませんが、知っておくことによってまず英語をすごく身近に感じられるようになります。英語に対して敬遠してしまう気持ちがそれによって取り払われるなら、それだけでも英単語に意識を向ける意味は十分あると言えます。そんな簡単なことから始めるだけでも英語の勉強をしていると言えますし、そうすることで英単語を1つでも多く覚えることができます。