通販サイトも英語学習の教材になる

通販サイトも英語学習の教材になる

昔に比べていまは海外の通販サイトを利用するようになりました。海外の通販サイトとはいっても英語圏で運営されているサイトです。

通販というお金の問題が絡んでくるものにさらに英語というハードルがあるんです。一昔前の自分では考えられません。英語学習を初めてそういうものに対するハードルが下がったんだと思います。自分で英語を読めるようになれば怖いと思うことも減ってきますからね。かつては意味のわからなかった商品説明のようなものもある程度読めるようになりました。もちろんわからない単語などは辞書で調べています。

海外通販をやる人がまず最初に調べるだろう単語のひとつがup to 80%というような表記でしょう。最大で80%オフという意味なのですが、まず最初にこれがわからなくて調べた記憶があります。80%オフとだけ書かれていれば意味がわかるものをup toとはどういう意味だろうと首をかしげました。いまでは当たり前のように見ている表現ですが、初めは本当にわかりませんでしたね。

通販サイトにはこういった定型句のようなものが多いので勉強になりますね。生の英語を勉強しているという感じもしてきます。さらには商品説明などを読み間違えれば違う思ってもみなかった商品が送られてきてしまうと言うスリルも味わえます。というのは冗談ですが、自分が痛い目に遭わないようにしっかりと調べますから勉強になると思いますね。海外の通販サイトから学ぶことは多いので、ぜひ英語学習しているひとは一度ためしてみると良いかもしれません。