大学ゼミでの英語学習作戦法は「一日全て英会話のみ!」

大学ゼミでの英語学習作戦法は「一日全て英会話のみ!」

私の通っている大学は、英語科が強い為、全体の3割が外国人講師がいます。そんな中でとる単位も、必然的に「Hello!」から始まる授業も多し。自分は英語科ではなかったけど、なんとなく英語科にいるような気持ちになる時もありました。そして、先生から生徒に一言が、私を迷わせる事に。

「今度行われる短期講習では、一日全て英会話での授業となります。よろしく!」

短期講習とは、春休みに英語学習を目的に短期で行われる授業。受けるか受けないか選べるけど、それで単位の取得に繋がるので、自分は選ぼうと思ってたもの。でも、全て英語で喋らなくてはいけないとは・・。出来るのか?伝えれるのか?不安しかない。先生は相変わらず呑気だし・・・。でも、友人と話をすると、どうやら英語科の人ばっかりでもない見たいだし、単位のため!と思い講習を受ける事に。講習は校内ではなく、場所を違う所で借りて行うらしい。(雰囲気も関係するみたい)

そして、迎えた当日。 いつものように外国人講師がはいってくる。ただ、いつもと違う所は、全部英語。生徒が日本語で喋ったら怒る。何をいってるか分かるのか不安になったけど、ジェスチャーちゃスローペースで話してくれる為、なんとか聞けてる。ただ、問題は話す事。 先生と話すことはおろか、友人と休憩の会話でさえ英語に制限される。

最初は友人と英会話なんて照れたけど、でも一生懸命伝えようとする友人の姿勢を見て、自分もやらなきゃと思い。今まで普通に使ってた言葉でさえ英語にするとわからない単語の多さにショックも受けたけど、伝わった時の快感がたまらない。友人もその快感を味わってたみたいで、向かいあってにやけてしまった。そしてなんとか、無事一日を終えた。

最後に話をした講師の人から、この経験が将来きっと役に立つ意味を教えてくれて、受けてよかったなあと思いました。正直、一日英語でしか話せられない瞬間って海外旅行くらい!?(英会話スクールにいっても、その時間だけなのかな・・)と思うと、常に英語に触れなくては忘れてしまうんだよなあと実感。今後の将来の為にも、もっともっと英語に触れたいなあと感じた講習でした。